国民の健康と理学療法士の職域を活かす政治が必要です。


 静岡県理学療法士連盟は、理学療法士の学術研鑽の応援はもちろんのこと、職域の防衛と拡大に向けて、市政・県政・国政に政策要望・意見を提示する政治活動や、理解のある代弁者及び理学療法士等の組織代表者(政治家)を政界へ送り出す為の選挙運動を行う公的な政治団体です。

 公益社団法人静岡県理学療法士会と協力しての政治活動はもちろんですが、選挙運動は静岡県理学療法士連盟が主となって行います。

 超少子高齢社会・急増する理学療法士・社会保障の持続困難が懸念される現代において、理学療法士に求められる期待とスキルは年々増大しています。社会保障精度は「充実」と「抑制」というジレンマを招き、理学療法士は今までの「過程評価」より「成果評価」を高く求められています。

 理学療法士は国民の生命・健康を守る崇高な国家資格者であり、国民にとって「政治」は「くらし」そのものを左右する存在であることは明らかです。政治を理解し、選挙投票へ行く事は国民の義務である事を忘れてはなりません。

 すべての国民の健康寿命の延伸と、障害者・高齢者の方々に対する公平な健康増進・生活や社会復帰支援の為に、静岡県理学療法士連盟は全力で活動しております。

 皆様のご支援をお願い申し上げます。